〒160-0022 東京都新宿区新宿三丁目15-17 伊勢丹会館5階
JR線新宿駅東口徒歩8分/新宿三丁目駅徒歩2~3分)

受付時間

11:00~18:00(最終受付 18:00)
定休日:年中無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-3356-2734

夏の体温調節

夏の体温調節

ギラギラ、暑いですね。

夏は陽射しも強くなってきて、外にいるのがつらくなってきます。夏の暑さと冷房の効いた室内。温度差が激しい環境に身を置くことが多くなりますね。

今回は、体温調節をつかさどる自律神経は、5℃以上の急激な変化に対処しにくいというお話をしていきます。

わたくしたちの身体は、暑いときは汗をかいたりすることで身体の熱を逃し、寒いときは毛穴を閉じて熱を逃さないようにして、温度の変化に順応しています。これは、自律神経の働きの一つ、体温調節機能なのです。

ただ、この自律神経がすぐに対処できる温度の変化は、5℃程度までだそうです。例えば、35℃以上の屋外から 25℃の室内に入っても、自律神経はすぐには対応できないということなのです。

そんな状態、つまり自律神経があたふたとしてしまう状態を何日も続けていると、だんだんと体温を調節する機能そのものが低下してしまうのです。

この室内外の激しい温度差は、自律神経のバランスを狂わせ、体調を崩す大きな原因になります。

とはいうものの、この暑い状況でどうしたらよいのだろうかと考えてみました。

サロン内は、外から来るとちょっと暑いかなと感じる温度です。

「暑いわね」とおっしゃるお客様もいらっしゃいますが、サロンに1時間以上滞在し、しかもフェイシャルの時は肩先が出ますし、ボディですと裸にタオルケット1枚です。来店された時の温度が「わぁ!涼しい!」では体が冷えてしまいます。お客様が冷え切った体にならないよう温度調節に気を配っております。

また、エステティシャンもサロン内に1日中いますので、体調管理のためにも温度調節は大切です。

室内は、ちょっと暑いかもしれないという、汗ばむくらいの温度で十分だと感じます。

ヒントになっていますでしょうか?

夏の自律神経の乱れは、秋になって大きな体調の崩れとなって現れます。

皆さま、温度変化による自律神経の乱れに注意して、この暑い夏を乗り切りましょうね。

次回は、そんな夏をどう乗り切るか!

そんな話をしてみましょうか。。。

 

by エステティックスナバ Rieko(砂場理惠子)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-3356-2734
受付時間
11:00~18:00(最終受付 18:00)
定休日
年中無休

新着情報・お知らせ

2020/10/06
・『知的に痩せよう』
Step1.「自分を知る」
に「かくれ肥満かな?」と「あなたの理想体重は?」を追加しました。
2020/09/18
・『知的に痩せよう』
Step1.「自分を知る」
に「からだのサイズを測ってみよう!」を追加しました。
2020/09/15
・『知的に痩せよう』
Step1.「自分を知る」
に「落とせる脂肪はどのくらい?」を追加しました。