bgMidashiSub冬の肌のスキンケア

冬のシーズンは、12月、1月、2月。
この時期は、北風が吹き、気温も下がってきて、いっきに空気が乾燥してきます。
お肌は、保護してくれる皮脂膜をつくる力が弱ってきて、皮膚の水分はどんどん蒸発していってしまうのです。
おまけに、暖房が加わって、ますます肌荒れを起こしやすくなってしまいますね。

お部屋の空気の乾燥を防ぐような工夫を、ぜひしてみてください。
加湿器を使うとか、お湯を沸かして蒸気を立てたり、時々スプレーをしたり・・・
いろいろな方法がありますね。
そして、外にお出かけのときは、なるべくお肌が露出しないようにしましょう。
マフラーやスカーフで覆ってあげるといいですね。
マスクもお役立ちグッズです。のどを守るだけでなく、顔を覆ってくれて、保湿力が抜群です。
わたくしも、風邪の予防というより、お肌を守るために使っています。
さて、お肌にとって過酷な冬のお手入れ、スキンケアはどうしたらよいのでしょう。

基本は、水分補給!

寒くなってくると、水も冷たくなってくるし、できれば触りたくないですよね。
袖をまくって、顔を洗う。ちょっと面倒!ささっと終わらせちゃおう!
なんてことがないように!
ここで洗顔の回数を減らしたり、軽く洗って済ませてしまったりしないようにしてくださいね。
ましてや、水を使うのがいやだからって、拭くだけてOK!なんていうクレンジングペーパーですませたりしないこと!

ぬるめのお湯できちんと洗顔して、化粧水で水分補給をたっぷりすることが肌荒れ防止の原点!
コットンに化粧水をたっぷり含ませて、ピチャピチャとパッティングしましょう。
さらに、手のひらでしっかり水分を押し込んで。。。とにかく、皮膚に水分を与えておくことが大切です!
そのあとに、肌質によって、乳液やクリームを使ってください。
必要であれば、美容液も。。。

もともと乾性肌の方は、化粧水。乳液だけではもちろん足りないので、夜寝る前にクリームをたっぷりめにつけてあげるようにしましょう。
翌日の朝、お肌はしっとりと潤っていますよ。

この時期は油分も必要です。

マッサージやパックはこの時期は毎日してもいいくらいです。
空気が冷えていて、血管が収縮してしまっているので、軽くマッサージをしてあげると、血行も良くなり、新陳代謝も活発になります。
水分補給を目的としたパックなんかもいいですよね。
いつもお肌のために考えることは、お肌に水分を与えてあげること!

お出かけのときは、さらに要注意!
絶対にスッピンで出かけるなんて事はしないでくださいね。
自分のお肌が大切ならば、きちんと保護してあげるということを怠らないで!
必ずクリームをつけてあげることです。
いきなり素肌を寒風にさらしてしまったら・・・あー考えただけでもゾーッとします。
必要なのは保湿力の高いクリームの上に、ファンデーション!

お顔以外の部分は、厚めのセーターやコートを着るでしょ?
手袋だってはめて、ブーツだって履いて、寒さ対策は万全!
なのに、お顔だけは寒さの試練にさらされているって、かわいそうでしょう?
お顔のセーターやコートになるのは、クリームやファンデーションですよ。

この時期は、空気が乾燥しているから、静電気も起こりやすくていやですよね。
お肌が乾燥していると、さらに静電気は起こりやすいみたい。
お顔だけじゃなくて、手や足、体全体も保湿が必要です。
入浴後、水を使った後は、必ず専用の乳液やクリームでケアをしましょう。
マッサージしながら、クリームをすり込むようにしておくといいですね。
炊事をするとき、お湯を使ってしまうけど、終わるたびにクリームをつけること。
でも、クリームのヌルッとした感じがいやな時ってあります。

手のケアも怠らないでね。

そして、手荒れがひどいようなら、夜、ハンドクリームをしっかりすり込んでお休みください。
夜寝ている間に、水分や油分が失われてしまうのを防がないといけません。
この酸性水素水とハンドクリームを一緒に使うとべたつかず、手だけではなく踵などにもいいですよ。
(宣伝?違います。ほんとにお役立ちなのです)
ビタミンAやE入りのクリームなどがお奨めです。ビタミンEは毛細血管に働きかけてくれるので血行が良くなります。
これを日ごろマッサージしながらつけてあげるといいと思います。

冬の時期の食事

上記でお勧めしましたが、食事もなるべくビタミンAやEを多く取るようにしましょう。
皮脂や汗の分泌を正常な状態に保つ働きがビタミンAにはありますし、ビタミンEには、血行を良くする働きがあります。
普段より、少し油分特に、植物性の油を取るようにしてください。あまり食事から油分を減らすと、乾燥傾向になりやすいですよ。

冬の肌のスキンケアのまとめ

寒い季節になると、寒気が流れ込み、冷たい空気や冷たい水のために皮膚の働きが弱ってきます。
そのために、皮脂腺、汗腺の働きが悪くなって皮膚の表面の皮脂が少なくなります。
寒いのでお湯を使うことが多くなり、ますます皮脂は取り去られ、皮膚は乾燥しカサついてくるのです。
乾燥が進むと皮膚は弾力を失い、硬くなって裂けるようになってきます。
それなので、冬の肌には十分が保湿が必要で、油分も必要になってくるのです。
入浴などで内側から血液の循環を促すケアもいいですね。

by エステティックスナバ 砂場理恵子(Rieko)