〒160-0022 東京都新宿区新宿三丁目15-17 伊勢丹会館5階
JR線新宿駅東口徒歩8分/新宿三丁目駅徒歩2~3分)

受付時間

11:00~18:00(最終受付 18:00)
定休日:年中無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-3356-2734

日焼け止めの塗り方

日焼け止めの塗り方

紫外線の話で、よく使われるUVとは、ウルトラ・バイオレット・レイの略。そして、わたくしたちの生活にかかわるのは、UV-AとUV-B。

UV-Aは、波長が長い紫外線で、UV-Bと比べるとエネルギーは弱いけれど、皮膚の奥まで届いてしまう。お肌の成分、コラーゲンやエラスチンを変性させてしまい、深い皺のもととなります。波長が長く、ガラスも通してしまい、曇りでも降り注いでいます。「生活紫外線」と言われるものです。

もうひとつのUV-Bは、波長が短い紫外線で、エネルギーが強く、サンバーンといった肌を赤くする日焼けを起こす「レジャー紫外線」と言われるものです。「サンバーン」「サンタン」とよく耳にしますが、サンバーンは、紫外線による皮膚のやけどのこと。そして、サンタンはその結果おこるメラニンの増加のことを言います。いずれにしても、怖いですね。強い日ざしには気をつけてくださいね。

ここまでがおさらい。⇒「紫外線と日焼け止め剤」

今回は、その続きです。

Riekoの『気配り紫外線対策講座』第3回目は、日焼け止め、サンスクリーン剤のお話をもう少し詳しくしていきますね。

SPF(サン・プロテクション・ファクター)値が10~15ぐらいで、日常は大丈夫だと思います。

日光を浴びると、何の防御もない皮膚は20分ぐらいで赤くなります。SPF値が15というのは、20分×15で300分。つまり、5時間は持ちますよという数値なのですね。

そのUVカットの数値は、皮膚1cm平方あたりに2mgの量のサンスクリーン剤を塗って測定されているそうです。

1cm平方に2mgですよ!

ということは、顔の面積を考えて・・・使っている量を思い出してみると・・・

必要量を使っている人なんかいるのかな?実は、ほとんどの人が必要量の4分の一ぐらいしか塗っていないそうです。今使っている日焼け止め、いつ買ったものかしら?去年買ったものがたくさん残っていたら、、、(笑)

ということは、さらに塗り残しや塗りムラがに注意し、しっかりと必要量をつけるようにしましょうね。重ねづけ、塗り直しは当然しなければいけないこと。これをすることで、日焼けによるお肌のダメージを防ぐことができます。

日焼け止めをちゃんと使っているのに焼けてしまう・・・という人。

ここが、もしかしたらチェックポイントかもしれませんね。

SPF値が高いほど効果的と考えている人が多いのですが、高くなればなるほど肌への負担も高くなってきます。油感が強くなって、塗った感を感じることがあるのではないでしょうか?

空気がきれいで、強い日差しが届く海や山、郊外などでは、高い数値、SPF値20以上、30~50ぐらいが必要ですが、日常使い(生活紫外線)の日焼け止めは、SPF値が15ぐらいのもので良いと思います。

いずれにしても、クレンジングをきちんとしましょう。肌荒れの原因にもなりますので、ここもまた要注意。しっかり防いでくれるものほど、専用のクレンジング剤を使ってきれいに落とすようにしましょうね。

UV-Aを防ぐ値は、PA(プロテクション・グレード・オブ・UVA) プラス記号で表されています。

1個は効果がある。2個になると、かなり効果がある。3個は非常に効果がある。

これを覚えておいてくださいね。

夕方は要注意。太陽の高さが低い分、顔直撃の太陽光です。陽射しが和らいだからと油断は禁物ですよ!

長時間、外にいる予定の時は、塗り直しも必要だということもお忘れなく!必ず持って出かけるようにしましょうね。

日焼け止めの重ね塗りだけではなく、その他の防御もしてお出かけください。

 

by エステティックスナバ Rieko(砂場理惠子)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-3356-2734
受付時間
11:00~18:00(最終受付 18:00)
定休日
年中無休