bgMidashiSub健康で美しい素肌の条件

シミですか? シワですか? それともニキビですか?
もしかしたら、毛穴の黒ずみかしら?乾燥して肌荒れが気になるという悩みもありますね?

そんなふうに気になる素肌に、ファンデーションをしっかり塗って、隠してしまう化粧をするより
薄っすらと薄化粧で、ご自分の素肌を生かしてみませんか?
お肌のことをいろいろ知って、少しわかってくると、ちょっとしたお手入れのコツがわかってきます。
そうすると、あなたのお肌は、見る見るうちに生き生きとした素肌に甦ってきますよ。

では、まず始めに、少し素肌のことをお話しましょう。

健康で美しい素肌になるには6つの条件があります。
これは、わたくしたちエステティシャンが、まず初めに、必ず学ぶ『素肌美の状態』なのです。
最初に、一人一人のお肌の状態を知ることが、お肌のお手入れの基本です。
そのためには、どんな状態がベストなのかを知らないと、比較できません。
わたくしたちは、そのベストな状態と、今のお肌の状態を比べたときに、
その方に何が必要なのか、どんなトリートメントをしたらよいのかを考えます。

そのベストな状態とは・・・
この“美しい素肌美”は、『う、な、は、だ、け、つ』と表現されます。
わたくしたちエステティシャンは、お客様のお肌を見て、この6つの肌の様子を確認します。

  • 『う』は、お肌のうるおい・・・「お肌の水分量は十分かしら?」
  • 『な』は、なめらかさ・・・「ざらざらしていないかしら?」
  • 『は』は、はり・・・「ピーンと張っているかしら?」
  • 『だ』は、弾力(だんりょく)・・・「押してみて、はね返ってくる感触は?」
  • 『け』は、血色(けっしょく)・・・「顔色はどうかしら?」
  • 『つ』は、もちろん艶(つや)・・・「艶々したお肌かしら?」

この6つの条件が整った良い状態が、健康で美しい肌といわれます。

  1. しっとりとなめらかで艶があって、うるおいがある
  2. 柔らかくて、しなやかで、張りと弾力がある
  3. 血色が良く、生き生きとしている
  4. キメが整っていて、シミやそばかすが少ない

“こんな理想的な肌なんて、到底望めないわ”と、思っていらっしゃいませんか?

でも、「お風呂上がりのお肌」・・・思い出してください。
しっとりとしていて透明感があって、血行が良くなっていて艶々してて・・・
肌には汚れもなく、角質層には充分に水分が満たされていて・・・
一日の疲れも取れて、リラックスしているからお顔の表情も柔らかく・・・

このときのお肌(お風呂上がりのお肌)の状態を覚えておきましょう。
そして、普段のお肌と比べたときに、「何が足りないのかしら?」を見つけてみましょう!

そうすると、きっと・・・
いま、使う化粧品は何がいいのかとか、どんなお手入れをしたらいいのかが、
だんだんとご自分でわかってくるようになります。

あとは、それで本当にいいのかどうかを尋ねられるエステティシャンを探してくださいね。
きちんと相談に乗ってもらえて、信頼できるエステティシャンを見つけてください。
それでは、素肌が綺麗になる秘密を少しづつお伝えしていきましょう!

by エステティックスナバ 砂場理恵子(Rieko)