bgMidashiSub曇り空でも油断は大敵!

 

まずは、大事なこと。《曇り空でも油断は大敵!》

column13

紫外線というと、真夏が一番強いイメージですが、
春先からだんだん強くなり、5月ごろから急速に照射量が増え始めます。

 この照射量は、7月から8月にピークを迎えます。

そして、残暑の厳しい9月は、5月とほぼ同じくらい。

その後、秋から冬にかけて、徐々に減ってきますが、決してなくなるわけではありません。

紫外線の強さは、1日の間でも変動します。

正午をはさんだ数時間(10:00~14:00)にかけてピークになります。

曇りの日でも、紫外線は晴れの日の6割ぐらいは届いているので、要注意です!

紫外線の影響を、そんなに心配しなくてもいいのは、日が射さない夜ぐらいです。

でもね、この夜。。。
本当は、太陽の光を月が反射して、紫外線が出ているから注意しなければいけないという。
ちょっと信じられないような話だけれど・・・

じゃあ、どうすればいいの?

問題は、紫外線が”ある”か”ない”かではなくて、届いている紫外線の量がどの位かということで・・・
夜は少ないので、その対策は必要ありません。
というのが、わたくしRiekoの見解。

それでは、本日のRiekoの『気配り紫外線対策講座』はここまで。

 by エステティックスナバ Rieko(砂場理恵子)
@毎日の散歩。日焼け止めをちゃんと塗って、帽子もかぶって出かけています。

『気配り紫外線対策講座』-目次―

第1回 曇り空でも油断は大敵!
第2回 紫外線と日焼け止め剤。
第3回 お日さまと上手に付き合おう!朝編
第4回 お日さまと上手に付き合おう!昼編
第5回 日焼け止めの塗り方。
第6回 降り注ぐ日射しと日焼け止め
第7回 紫外線を侮るなかれ!
第8回 お日さまと上手に付き合おう!夜と食事編
番外編 お日さまと上手に付き合おう!朝散歩