bgMidashiSubあなたの適正体重は?

あなたは、自分の適正体重を知っていますか?
体重を落とすことだけを目標にしないでくださいね。
きちんと自分の今の体重を把握して、実際にどのぐらい痩せる必要があるのか・・・
目標体重の範囲なら、それを増やさないようにするにはどうすればいいのかを考えてみましょう。

ダイエットを始めるときに、単に『今の体重を落としたい!』ということでは危険なのです。
あなたは、本当に痩せる必要があるのでしょうか?
上手なダイエット法は、自分の適正体重を知り、肥満度を客観的に判断することから始めます。

目標体重の計算方法にはいろいろあります。
いくつかの計算方法で“肥満、もしくは肥満傾向”という判定が出たら、ダイエットに挑戦する必要があると考えましょう。
数値を入れれば、簡単に結果が出るHPもありますが、ちゃんと計算方法がわかっているほうがいいと思います。
さぁ、電卓と紙とペンを用意して、始めましょう!!
あっ、その前に、ご自身の身長と体重はわかりますか?それをもとに計算していきますよ。

[BMI(体格指数) Body Mass Index]

適正体重を知るために、一番使われている計算方法です。
これは、国際的な基準として使われており、日本肥満学会でもその標準数値22を唱えています。
この指数は、性別に関係なく、最も病気が少なく、死亡率が低いといわれます。
つまりBMIは、あなたが病気になりにくい理想的な体重を計算する方法といえます。

[計算式]BMI=体重kg÷身長m÷身長m

例)体重63kg、身長160cmの人の場合ですと、 BMI=63kg÷1.6m÷1.6m=24.6
BMIによる判定基準によりますと、標準は20~24です。
20未満は「痩せ」、24~26.5は「太り気味」、26.5以上ですと「太り過ぎ」となります。
日本肥満学会では、BMI 26.4以上を肥満と判定しています。
男性は、BMI 22.2、女性の場合は、BMI 21.9が統計上もっとも病気にかかりにくい数値であるといわれています。
ですから、この数値ですと、太り気味の傾向にあるということがわかります。
それでは、あなた自身の体格指数BMIを計算してみましょう。
あなたのBMI指数はいかがでしたか?つぎに、標準体重の計算をしてみましょう。

[計算式]標準体重kg=22×身長m×身長m

例)身長160cmの人の場合ですと、標準体重kg=22×1.6m×1.6m=56.32kg となります。

あなたの身長での標準体重が計算できましたか?
どうですか?標準より多かったかしら?それとも少なかったかしら?
この体重は、健康的な目標体重ですから、頭の隅に忘れずにおいておきましょうね。

by エステティックスナバ Rieko(砂場理恵子)