bgMidashiSubからだのサイズを把握しよう!

体重と体脂肪、肥満度がわかりました。
そこから、あなたが落とせる脂肪も計算できました。
それでは、ダイエットを始めましょう!というわけにはいかないのです。

つぎにすることは・・・
『痩せるために準備するもの』の中に、メジャーがありましたね。
バランスの取れたプロポーションのために、からだのサイズを計っておきましょう。

体重を落とす時、ただ細いというのではなく、メリハリのあるボディを目指して欲しいと思います。

その年代に応じた体形というものもあるのですよ。
30代、40代、50代の体形は、加齢とともにできてしまうのです。
ですから、20代の頃のプロポーションがよかったからといって、それにこだわり、無理をしてはいけませんよ。
そんなことを考えていたら、ストレスになってしまうし・・・

あえて、厳しいことを言わせていただくとしたら、日頃からそれを望んでいたのだったら、ダイエットをしなければならないような身体にはなっていないと思いますよ。

それでは、はじめましょう!計る場所は次の通り。

    バスト(トップ)
    アンダーバスト
    ウエスト・・・最も細いところ
    腹部
    ヒップ(トップ)

美しい曲線を描くための標準的な数値は、ヒップとバストの差が、およそ2~5cm。
ヒップとウエストの差が25~30cm。と言われています。

その他に、計るとすれば・・・

    腕の付け根・・・27cm以下では、細過ぎます。
    大腿部・・・47cm以下では、細すぎます。
    ふくらはぎ・・・33cmが最小。これ以下にならないほうが良いです。ただし、36cm以上では太すぎますよ。
    足首・・・21cmぐらい。18cm以下では細すぎると思います。

でも、これらはひとつの目安。むやみに数字だけ追ったりしないでくださいね。
身長と体重のバランスが大切です。

もし、男性が読んでいたら・・・「ごめんなさい」女性向きの内容でしたね。
でも、ウエストとヒップを計ることは男性にも必要なことなのです。

今の自分の体のサイズ、とくにウエストとヒップを計ることで、分かることがあるのです。
それは、“かくれ肥満”
ウエストとヒップの比率を計ることで、ちょっぴり見えてくるのです。

次は、この“かくれ肥満”について。。。

by エステティックスナバ Rieko(砂場理恵子)