bgMidashiSub基礎代謝の話

最後にあげる基礎代謝というのは、身体を横たえて、じっとしていても使われるエネルギーです。

これは、呼吸や血液循環、体温の維持などの生命を維持するために必要なもの。
この基礎代謝は、全体の消費カロリーの60~70%を占めています。
すごいと思いませんか?半分以上を占めているんですよー!

この基礎代謝を、なんとか上げる方法がないだろうかと、けっこう真剣に考えられています。
この基礎代謝に関係しているのは、次の5つです。

年齢、性別、体格、気温、食事。

年齢を重ねるにしたがって、消費量は低下してきます。
この5つのうち、自分の力でなんとか改善しようと努力できるのは、『体格と食事』ですね。

まず、基礎代謝を食事で上げるには、量を増やすこと。
取り入れるカロリーを増やせば、基礎代謝が上がるってわけ。
でも、これは大変だー。これじゃあ、反対に太っちゃう (~_~;)

でも、摂取カロリーの減らし過ぎは、逆に基礎代謝を下げてしまいます。
では、どうするのかというと、体格を変えちゃおうって考えてみればいいのです。
つまり、筋肉の量を増やそうということなんです。

筋肉量が多い人ほど基礎代謝量が増えるのですから、
ダイエットには、食事の取り方を考えるとともに、運動をし、基礎代謝量の減少を防ぐ必要があるのです。

でも、運動をして筋肉をつけたから大丈夫って言うわけではありません。
運動を止めれば、再び筋肉量は減少してしまいます。
筋肉量が減れば、基礎代謝も下がります。

基礎代謝が高いとか、低いとかってことは、ちゃんとした計測器で測ってわかることです。
だから、自分の基礎代謝がどうなっているかなんて本当はわかりません。

ただ、自分の年齢にあった平均基礎代謝量というものがわかっているのですから、摂取しなければいけないカロリー量というのは決まっているといっていいでしょうね。
これを下回るような食事制限をしている人がいたら、すぐに止めてください。

『基礎代謝が悪いから、たくさん食べると太ってしまう』といっている人・・・
これは、思い込み!間違った考え方なんだって、わかってくださいね。とっても危険なのですよー。

食事制限だけで体脂肪を落とそうとすると、身体を作るのに必要な栄養素が不足し、ますます筋肉がやつれていってしまいます。そして、食事制限を元に戻すと、余分なエネルギーは脂肪として身体についていってしまいます。

いわゆる“リバウンド”です。これでは、なんにもならない!!

 

これで“なぜ、太ってしまうの?”という疑問、解けましたか?

健康的なダイエットとは体脂肪を減らしていくことであり、
そのためには、運動をして筋肉をつけることで基礎代謝量を上げ、さらに身体を動かして消費エネルギーを増やし、食事療法で摂取エネルギーを減らすということを、いかに長く続けていくかということだと思います。

さぁ、これからは、自分の食生活やライフスタイルをきちんと分析していきましょう。

どこに問題があるのかを、容易に見つけられるようになるには、“ダイエット日記”がお役立ちとなります。
難しく考えずに、まずは毎日の記録を取り始めましょう! ねっ!(^。^)

by エステティックスナバ Rieko(砂場理恵子)