クレンジングと洗顔

クレンジングと洗顔

正しい洗顔は、クレンジングをしっかりと

美しい素肌づくりは、まず正しい洗顔から始まります。“垢抜けた顔”とともいうように、まず清潔な肌であることが大切です。石けん洗顔だけでは毛穴の汚れやメイクは落ち切れませんし、クレンジング料も良質なものを選ぶことをお勧めいたします。

肌の汚れは2種類

肌の汚れには2種類あって、一つはファンデーションやアイシャドー、口紅などのメイクアップ料の油溶性の汚れ。もう一つは汗やアカ、ほこりなどの水溶性の汚れです。

汚れは絶えず皮膚を刺激し、正常な皮膚機能を損なううえ、トラブルの原因を作ります。この2つの汚れをきちんと落とすには・・・
洗浄力が高く、こすらなくても皮膚の毛穴の中の汚れを浮き上がらせ、さらに、ふき取るタイプよりは水で洗い流すクレンジング料が適していると思います。

油溶性の汚れを落とすクレンジングの後は、さらに水溶性の汚れを落とすための洗顔が必要です。

油溶性の汚れと水溶性の汚れを落としてこそ、「きちんとした洗顔」なのです。

洗顔の後は水分補給で潤いを

化粧水の役目は、肌に水分(保湿成分)を補い保湿効果を高めることです。それから、後につけていくものの道筋を作ってあげることと言われます。
吸収力の高いコットンに、たっぷり化粧水を含ませ、肌がひんやりくらいまで顔全体にパッティングします。このパッティングを十分にすることで、マッサージをするのと同じように、皮下組織に刺激が与えられ、血行を促進する効果が期待できます。

乳液は、肌に与えた水分の蒸発を防ぎます

乳液は、肌表面に油膜を張って、水分の蒸発を防ぐ役目をします。
乳液を選ぶポイントは、水になじみ、簡単に流れるタイプのものを選ぶことです。水で流れないくらいにどろっとしたものは、かえって汗や分泌物を閉じ込めてしまいあまりよくありません。また、乳液をつける時は、こすってつけるのではなく、筋肉の流れに沿って、優しく丁寧にのばしましょう。

by エステティックスナバ Rieko(砂場理恵子)